2018年05月31日

ついにランク1へ

バランス調整が来る前の5月上旬はテンポメイジを主に使っていました。
Hearthstone Screenshot 05-10-18 07.47.10.png
Hearthstone Screenshot 05-15-18 22.05.00.png
Hearthstone Screenshot 05-16-18 18.50.45.png
絶対的な強さではなくとも、安定した強さ。とりわけクエストローグには非常に有利。新カードのシンダーストームが地味にに頼りになる存在。
しかしパラディンの圧倒的な展開力には歯が立たず、キューブロックにはやや有利でも従者契約されると一気に押し切るのが難しくなる。というか、コボルト時代からそうだったんですがね。
Hearthstone Screenshot 05-23-18 06.06.45.png
Hearthstone Screenshot 05-23-18 06.06.49.png
その後のアップデートにより、圧倒的な強さを誇っていたデッキのカードが揃って弱体化。
メイジはお咎めなしで相対的に強くなったかと思いきや、調整前とそこまで変わっていなさそう。

驚いたのが、弱体化されたデッキに代わってトークンドルイドが強力なデッキとして注目されていること。
ウィッチウッド初期にお遊びで作っていたデッキがまさか猛威を振るうことになるとは・・・
Hearthstone Screenshot 05-26-18 18.39.46.png
ドルイドはいつの時代も常に安定して強いですな。究極の浸蝕が今のドルイドを支えてるのは勿論ですが、マナ加速が偉大すぎる。
Hearthstone Screenshot 05-27-18 10.12.42.pngHearthstone Screenshot 05-27-18 10.12.50.png
てなわけで今月はランク1の☆2つまで行きましたとさ。その後連敗しまくって1日でランク3まで落ちたんですけども・・・・
posted by Amerefine(アミュ) at 19:00| Comment(0) | ハースストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

おとなになってから、分かった面白さ

2016年春、3DSのeショップでSFCのソフト数本がいくつか販売開始されました。

6437256809104148045.jpg
その内の一つが、1994年に発売されたMOTHER2。当時のRPGといえばDQFFの二大巨頭が確立しつつあった頃でしたが、マザー2はその奇妙ながらもほのぼのとした世界観やユーモア溢れるテキスト、独特なBGMなどが高く評価され、一定の支持を集めました。
オリジナルのSFC版の売上は30万本と、当時の任天堂にしては大したことないようにも思えますが、ほぼ同時期に発売されたクロノトリガーと同じくらいRPGの歴史に大きな足跡を残したといっても過言ではないでしょう。
それだけにミニスーファミの日本国内版には収録されていないのが残念でなりませんでした。

MOTHER2自体は、自分にとっては3DSのVCが初プレイというわけではありません。このゲームの存在は小学生のときから知っていましたし、大まかなストーリーも覚えていました。
ただ初めてこのゲームをプレイしたときは、このゲームの面白さを十分に理解しないまま最後までいってしまった記憶があるのです。不親切すぎ&テンポ悪すぎで初プレイ時は途中で投げ出してしまったファミコンのMOTHERよりはましだとしても・・・・まだガキだったから仕方ないね。
そして大人になって、3DSで改めてこのゲームをプレイしたいと思うようになったのでした。もう2年前の話なんですけど。

まず初めに悩んだのが主人公たちの名前を何にしようかというところでした(…)
デフォルト名だとつまんないし、本名だと当時のMiiverseに投稿するときにマズいことになりそうだし・・・・
ってことで思いついたのがこれ。
AYIHAAAEAAArVRTxezrMRQ.jpg
分かる人にはわかる。リディアを除外したのはMOTHER3で登場するマジプシーと名前被るから女の子が一人しかいないから。
てかいま見返してみると好きな食べ物とか無理矢理すぎだし、犬にあのミジンコの名前つけたりなんかめちゃくちゃだな・・・
posted by Amerefine(アミュ) at 21:22| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

タクミさんいらっしゃい(Ver2.5アプデ)

先日、FEHで配信されたVer2.5アップデート。
主に闘技場、制圧戦、タップバトル、チュートリアルなどで仕様変更が行われたらしいです。
https://fire-emblem-heroes.com/ja/sp/topics/index.html?id=detail-20180509


個人的に一番嬉しかったのがチュートリアルの内容変更に伴い既存ユーザーに配布された継続感謝のプレゼント。
Screenshot_20180509-122544.jpg

初期の頃は最強キャラと言われていて、スキル継承がある今でも人気が高いタクミを全てのユーザーに配るという任天堂の奮発っぷりは本当にすごい。感謝つかまつる。
これから新しく始める人のためのチュートリアルにおいて、弓属性の説明のとこでタクミが仲間になるように変わったそうなので、それが関係しているみたいです。ヴィオールさんの立場…

制圧戦では出現する敵が固定になったほか、ワープしてきた敵はワープしたターンには攻撃してこないようになったようです。

Screenshot_20180512-185035.jpg

Screenshot_20180512-185250.jpg

全体で見れば簡単になったなという実感はするけど、やっぱり追い詰めてから陥落するまでが一番難しい(´-ω-`)

闘技場は連勝ボーナスの最大が7から5になり、連勝数に応じて1シーズンに1回だけ貰える報酬が追加。
さらにボーナスキャラは戦禍の連戦同様にステータスアップ(自分にのみ)
Screenshot_20180512-095655.jpg
連勝のハードル自体が下がり、連勝報酬を追加することで多くの人に闘技場を遊んでもらうという試みは良いことだと思います。
しかし、依然として階級が上になればなるほど、資産の格差が大きく有利不利を分けることについてはもう少し改善が必要かもしれません。ボーナスキャラのステータスアップではまだ足りないのかも。


公式ツイッターでは大きくお知らせしていませんでしたが、今回のアップデート以降、
◆途中でキャラが死んでも、そのステージでそれまで得た経験値とSPが失われなくなった。
◆クリア済のステージの経験値&SPの半減が撤廃された。
みたいです。
IMG_20180512_203017.jpg

特に後者は、リリース初期にスキル装備変更にスタミナを要求されていた(1か月足らずで撤廃)のと同じくらい謎な仕様だったので、今更かよという気もしますが…

とにかく今回のアップデートでより遊びやすくなったのは確かでしょう。
ストアのランキングで上位に顔を出すくらいには人気のスマホアプリなので、まだやったことがなくてスマホに2ギガくらい容量に余裕がある人はとりあえずインストールしてみてはどうでしょうか。
先ほど述べた通り、チュートリアルもより分かりやすくなったみたいですし。
ラベル:任天堂アプリ
posted by Amerefine(アミュ) at 20:51| Comment(1) | FEヒーローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク